※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

銀行窓口の待ち時間長いのなぜ?空いてる時間や営業時間を徹底解説!

bank-counter-waiting-time ライフ

銀行に訪れるたびに、銀行窓口での長い待ち時間長いことで頭を悩ませていませんか?

  • なぜこんなに待たされるの?
  • 待ち時間を短くするにはどうしたらいいの?
  • 銀行の営業時間はいつまで?

などといった疑問は、私たち全員が抱える共通の悩みです。

給料の口座開設や住所変更、大きな額の振込みなど、銀行窓口での手続きは避けられないこともあります。

しかし、手続きにかかる時間が分からず、ちょっとした空き時間に済ませようとすると、予想外の長い待ち時間に直面し、結局手続きを諦めたりすることはないでしょうか?

休日を使って行ったにも関わらず時間を大幅に取られたりすることも少なくありません。

この記事では、『銀行窓口の待ち時間長いのなぜ?空いてる時間や営業時間を徹底解説!』というテーマでお届けしていきます。

最後まで読んでいただけたら、待ち時間が長くなる原因と短縮方法を理解できるでしょう。

次回銀行窓口を訪れる際には、ぜひこの記事を参考にして、効率的かつストレスフリーな手続きを目指してください。

 

銀行窓口の待ち時間長いのなぜ?

bank-counter-waiting-time

銀行の窓口で待つ時間が長引くのには、いくつかの理由があります。

  • 店舗数が減っている
  • コスト削減のために人員が減らされる
  • 銀行の手続き自体が複雑になっている
  • 手続き以外のご案内や相談が急増

なども、待ち時間を延ばす要因となります。

これらの理由を踏まえて、銀行の窓口での待ち時間が長引く背景について、さらに詳しく解説します。

 

店舗数が減っている

インターネットバンキングの普及がもたらした変化は、私たちの日常にも影響を与えています。

特に、銀行の支店の数が減少していることは、多くの人にとって直接的な影響を及ぼしています。

実際、大手銀行では店舗数の削減や支店の統合が進んでいます。

  • 三菱UFJ銀行は500以上あった店舗を約320店舗まで減らす計画。
  • 三井住友銀行は400以上ある支店のうち、4分の3を現金を扱わない軽量店に変更予定。
  • みずほ銀行も500以上あった支店から130店舗の削減を計画。

このような変化は、ほとんどの手続きがオンラインで完結できるようになったためです。

結果として、銀行は高額な土地代や光熱費などの経費を削減し、より効率的な運営を目指しています。

しかし、この支店数の減少は、残った窓口での混雑を引き起こしています。

来店客が集中することで、待ち時間が長くなるという問題が生じているのです。

これは、現代における銀行利用の新たな課題となっています。

 

コスト削減のために人員が減らされる

現代の銀行では、行員の事務負担が大幅に軽減され、その結果として窓口スタッフの数も急速に減少しています。

昔は、銀行の手続きといえば、多くの書類を埋め、手作業での処理が必要でした。

しかし、今ではほとんどの手続きがタブレット一台で完了する時代になりました。

この技術の進歩により、以前ほど多くのスタッフが必要ではなくなり、支店の人員は半分以下に削減されています。

これは一見すると効率的に見えますが、実はこの変化が新たな問題を生んでいるのです。

一般的には、事務作業の負担が軽くなれば、待ち時間も短縮されると考えがち。

しかし、実際には、行員自体の数が減少しており、これがマンパワーの不足となり、結果として待ち時間の長さに影響しているのです。

さらに、窓口業務を担う行員の採用を停止している銀行もあり、銀行の窓口の役割が急速に変わっているのが現実です。

この変化は、銀行の顔とも言える窓口サービスに大きな影響を与えています。

 

銀行の手続き自体が複雑になっている

タブレットやペーパレスで事務手続きが簡素化された現代でも、特定の手続きには想像以上に時間がかかることがあります。

私たちの忙しい生活の中で、

  • 銀行口座の新設
  • 遺産相続の手続き
  • 成年保護手続き

などは特に時間を要する作業です。

特に2月から4月は新生活や就職の準備で口座開設が増え、これらの手続きがさらに混雑しやすくなります。

一見すると単純な手続きのように思えますが、たとえば大人1人が子供2人分の口座開設を行う場合、1時間以上も窓口が占有されることがあります。

これらの事情により、私たちの貴重な時間が予想外に取られてしまうことがあり、日常生活に影響を与えることもあるのです。

これらの手続きを行う際は、余裕を持ったスケジュール計画が必要となるでしょう。

 

手続き以外のご案内や相談が急増

最近の銀行窓口は、単に手続きを行う場所ではなく、顧客のニーズに合わせたアドバイスを提供するコンサルティングの場に変化しています。

これは、銀行がただの金融サービスを超えて、より付加価値の高いサポートを目指している現れです。

その結果、口座開設やその他の基本的な手続きの後にも、クレジットカードや積立NISAなどの資産運用に関するアドバイスを提供することが一般的になりました。

これは全ての顧客に対して行われ、富裕層だけでなく、一般の来店客の獲得も重視されています。

しかし、このようなコンサルティング中心のアプローチは、待ち時間の増加という副作用を引き起こしています。

顧客としては、短時間で手続きを終えたいという願望と、銀行からの有益なアドバイスを受けたいというニーズの間で葛藤を感じることもあるでしょう。

これらの変化は、銀行がどのようにして顧客の利便性と高品質なサービスをバランス良く提供するかという課題を浮き彫りにしています。

 

銀行窓口の空いてる時間は?

bank-counter-waiting-time

銀行窓口の空いている時間は「朝イチ」です。

昼休憩時(12~13時)や閉店間際(14~15時)は混雑しやすい。

昼は銀行員が交代で休憩に入り、またお昼休みを利用して来店する客が多いため、窓口対応が難しくなります。

銀行窓口の待ち時間、皆さんも経験あると思います。

待ち時間は忘れて、ここでは具体的な手続きにどのくらい時間がかかるかを紹介します。

これは、番号を呼ばれてから手続きが完了するまでの時間です。

実際に窓口で待つ時間は含まれていませんが、手続き自体にどれほど時間がかかるのかの目安として参考にしてください。

 

給料日の銀行窓口が混むのはなぜ?

多くの日本の企業が給料日を五十日に設定してるため、金融機関や道路が混み合うことがあります。

この日は、通常月の中頃で、年金の支払いやクレジットカードの請求書の支払い日も一致してます。

このため、たくさんの人が銀行へ行き、給料や年金を引き出したり、請求書を支払ったりするために、特にこの時期に金融機関が混雑するのです。

 

手続きから完了まで銀行窓口でかかる時間

銀行での手続き、想像以上に時間がかかることってありますよね。ここでは、番号を呼ばれてから各種手続きが完了するまでの平均時間をお伝えします。

  • 口座を新しく開設する場合、約30分~45分。
  • 住所変更は、約5分。
    • 名義を変更するのには、約20分。
  • 相続に関する手続きには、45分~1時間。
  • 成年後見の手続きは、1時間~1時間半。
  • 口座を閉じる際は、約20分。
  • カードローンの返済や解約も約20分。
  • インターネットバンキングの利用停止を解除するのは、約10分。
  • 暗証番号の照会は、約5分。
  • 振込みや納税、出金や入金は、約3分。

次に銀行に行く時は、これらの時間を参考に計画を立ててみてください。

待ち時間は忍耐が必要ですが、事前にどのくらい時間がかかるか知っていると、心の準備ができて少し楽になるかもしれませんね。

 

銀行窓口の待ち時間を短縮する方法

銀行での待ち時間、意外とストレスになりますよね。

でも、少しの工夫で待ち時間を短縮できるんです。ここでは、その方法を5つ紹介します。

  1. 来店予約:事前に予約を取ることで、待ち時間をぐっと減らせます。
  2. 開店と同時に行く:銀行が開く直後は、まだ混んでいないのでスムーズに手続きができます。
  3. 混雑する日を避ける:給料日や年金の支給日、連休前後は混み合うので、これらを避けて行くと良いです。
  4. 天候が悪い日を狙う:雨などで外出が減る日は、銀行も空いていることが多いです。
  5. インターネットバンキングの活用:できる手続きはオンラインで済ませてしまいましょう。

これから詳しく解説しますが、このちょっとした工夫で、銀行での待ち時間がずいぶん楽になるはずです。

次回の銀行訪問の際は、ぜひ試してみてくださいね。

 

来店予約

銀行の来店予約サービスがネット上で拡がっています。

これは、美容院での予約のように、希望の日時と必要な手続きを選んで、空いている時間に予約を入れるシステムです。

予約すれば、銀行がどれだけ混んでいても待ち時間なしで優先的に手続きが可能です。

銀行に行く前に、その銀行のウェブサイトで来店予約ができるかどうかをチェックすることをお勧めします。

これにより、時間を有効に使い、快適な銀行体験が得られます。

 

開店と同時に行く

銀行の利用で待ち時間を避けたいなら、朝一番がおすすめです。

多くの銀行が9時に開店するため、この時間に合わせて来店すると、ほとんど待たずに済むことが多いです。

午後になると待ち時間が長くなり、特に15時頃は最も混雑する時間帯です。

待ち人数が多い場合、15時前に来店しても手続きができないこともあります。

そのため、銀行に行く際は時間に余裕を持って行動することを心がけましょう。

こうすることで、ストレスフリーな銀行利用が可能になります。

 

混雑する日を避ける

銀行の店頭が特に混雑する日には、

  • 毎月の給料日である25日
  • 年金が支給される偶数月の15日
  • 週の始まりの月曜日や週末の金曜日、祝日の前後、お盆や年末

特にお盆や年末は、普段平日に銀行へ行けない方々が多く来店されるため、通常よりも長い待ち時間が予想されます。

これらの時期に銀行を訪れる際は、念のため余裕を持ったスケジュールを立てることをお勧めします。

そうすることで、混雑によるストレスを少しでも軽減できるでしょう。

 

天候が悪い日を狙う

大雨や台風の日は、できるだけ家にいたいと思うのが普通です。

そのため、銀行の窓口も悪天候の日は来店客がほとんどいません。

もし待ち時間を最小限に抑えたい場合、安全を最優先に考えつつ、天候が荒れている日に銀行に行くのが一つの方法です。

ただし、外出する際には天候に十分注意し、安全に配慮しながら行動しましょう。

これにより、忙しい日々の中で少しでもスムーズに銀行の用事を済ませることができるかもしれません。

 

インターネットバンキングの活用

最近は多くの銀行がインターネットバンキングを通じて様々な手続きを可能にしています。

しかし、口座解約のようにインターネットだけでは完了できない手続きもあります。

そのような場合、銀行に来店する前に、例えば住所情報を最新のものに更新するなどして、窓口での手続きを最小限に抑えると、より迅速に用事を済ませることができますよ。

スマートフォンのアプリやウェブサイトを通じて、自分でできる手続きがないか確認してみるのも良いでしょう。

このように事前に確認しておくことで、銀行訪問時の時間を大幅に節約できるかもしれません。

ぜひ一度、インターネットバンキングを活用してみてください!

 

銀行窓口の営業時間

従来、銀行の営業時間は午前9時から午後3時までとされていました。

これは、銀行業務に関する様々な規則を定める銀行法に基づいた時間設定でした。

しかし、顧客の便宜を考慮し、各店舗の実情に合わせて、最近では営業時間の見直しや自由化が進められています。

この変更は、私たち顧客にとってより利便性の高い銀行利用を可能にするものです。

これから紹介する主な銀行の営業時間は、この新しい動向を反映しています。

ぜひ、ご自分の銀行訪問計画に役立ててください。

 

9時から15時営業の銀行

平日の午前9時から午後3時までが、多くの銀行で標準的な営業時間です。

  • 大手のメガバンク
  • 地方銀行
  • 信用金庫

などが含まれています。

銀行の手続きをスムーズに行うためには、15時までに業務が終わるように余裕をもって来店することが重要です。

この営業時間を念頭に置いて銀行訪問を計画すると、焦ることなく必要な手続きを済ませることができます。

 

銀行窓口が3時までなぜ?

銀行の窓口が3時までという時間設定にはいくつかの理由があります。

その理由について以下の通り解説いたします。

  1. 内部業務の時間確保:銀行員は窓口業務のほかにも多くの内部作業を行っています。これには、その日の取引の集計、報告書の作成、次の日の準備などが含まれます。
  2. 現金管理とセキュリティ:銀行は日中、多額の現金を扱います。窓口業務が終了した後、現金の集計やセキュリティチェックを行う時間が必要です。
  3. エラーの確認と修正:日中の取引に関するエラーや不一致を確認し、修正する作業も重要です。窓口が早めに閉まることで、銀行員は落ち着いてこれらの作業に集中できます。

総じて、銀行の窓口が3時までというのは、顧客対応の時間と内部業務のバランスをとるため、そして金融機関としての安全性と正確性を保つための措置なのです。

 

午後3時を過ぎても開いている銀行

多くの銀行が午後3時に閉店しますが、一部の銀行はそれ以降も営業しています。

たとえば、以下の銀行は午後3時以降でも営業しています!

  • りそな銀行や埼玉りそな銀行は午前9時から午後5時
  • ゆうちょ銀行は9時から16時
  • 新生銀行は9時から17時
  • イオン銀行は9時から21時

また、銀行のホームページを確認すると、休日にも営業している銀行が見つかるかもしれません。

ただし、休日の営業は主に住宅ローンや資産運用の相談に限られることが多いので、他の手続きを予定している場合は注意が必要です。

 

銀行窓口の待ち時間長いのなぜ?まとめ

bank-counter-waiting-time

銀行窓口での待ち時間長い原因と、それを短縮する方法、そして銀行の営業時間について如何だったでしょうか。

店舗数の減少や銀行業務の変化にも関わらず、窓口が混雑することはまだよくあります。

銀行での手続きが必要な際は、以下の待ち時間短縮のコツを活用してください。

  • 来店予約を利用する
  • 給料日や連休明けなど混雑しがちな日を避け、朝早い時間に来店する
  • 天気が悪い日に来店する

これらの方法を参考にして、銀行の手続きをよりスムーズに行いましょう!

今回は『銀行窓口の待ち時間長いのなぜ?空いてる時間や営業時間を徹底解説!』というテーマでお届けしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました